SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん。将来の子供に残す日々の出来事。

前編が気になるけど続編しか読まない「またぶたのたね」と「またおとうさんですよ」

上の子がなぜか前編を読まずに終わっているシリーズ本があります。

その本は「また ぶたのたね」、「またおとうさんですよ」。どちらも佐々木マキさんの絵本です。それぞれで話は完結しているようで、前編を読まなくても楽しめます。

佐々木マキさんのお気に入り絵本は他にも「まじょのかんづめ」など多数あります。私も小学生のころ「ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします」など読んだな、と思い出します。

また ぶたのたね

前編は「ぶたのたね」で、後編は「またまたぶたのたね」です。豚より足の遅い悲しき狼のお話です。

また ぶたのたね

また おとうさんですよ

こちらはいくつかの短編で構成されており、おとうさんの一般的な性質を紹介してくれます。お父さんが子供との遊びに夢中になり奥様に怒られる、身に覚えのある話です。前編は「おとうさんですよ」です。

またおとうさんですよ

 

「またxxx」という語呂が好きなのか、表紙の絵が前編より魅力的なのか。せっかくだからシリーズを読破したい大人としては、いつの日にか読めることを楽しみに、続編の表紙の絵が彼女のかわいい基準にヒットするのだと自分を納得させています。