SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

自作のお人形遊び

「まくらができたー、赤ちゃんはまだ寝てるー」

お絵かき帳から紙を2枚切り出して、上部をのりで貼り付けたかと思うと、そこに家を書き、中で生活する人を作り、お人形ごっこを始めました。自作版シルバニアンファミリーのようなものを作り出しております。

f:id:lkougi:20200712164824j:plain

保育園で制作が神がかっている先生がいらっしゃります。その先生方のご指導のもとで先日双眼鏡をトレットペーパーの芯で作り、家でも楽しく遊んでおりました。そういう体験が遊ぶものを制作するという意欲につながっているようです。

「朝ですよー、学校行ってきまーす」

その横で上の子の制作をじーっと見ていた下の子が紙に糊を付け始めました。

なんで13月はないの?

「いちがーつ、にがーつ、さんがーつ・・」

数字を覚えてカレンダーが読めるようになった上の子が月を数えていました。その様子を聴いていると、振り返った我が子に「なんで13がつと14がつはないの?」という素朴な疑問を投げかけられました。「月の満ち欠けが・・地球には自転と公転があって・・」、全くもって父親は、子供にわかってもらえる回答ができません。そして最終手段の「図書館で調べようか」というところで納得していただきました。

再開した図書館で司書さんに相談すると、百科事典やら自然科学やらを紹介してくれましたが、子供向けがなかなかありません。相手が4歳児と司書の方も悩みつつ、図書館の問い合わせデータベースを紹介して「直球ではないのですが」とカエサルくんとカレンダーという本を見つけてきくださいました。

この本ではローマの将軍のカエサルくんが出てきて、主人公のゆうかちゃんに1日の話、太陽と月の動き、2月がなぜ短いかということを説明してくれます。なんとローマ帝国の影響が今に渡っているか。

さて子供は2月の閏年について学んだものの、13月とかは分からなかったもようです。ただ子の本で太陽の動き、月の動きを、季節を学んだことで、父親から説明しやすくなり、納得してくれました。将来、世界史を学んだ時にカエサルくんに再会することでしょう。いつかガリア戦記でも読んだりするのか。

さてこの絵本、下の子の方がお気に入りでした。引っ張り出してきては、3月の季節のイベントを指差して「ぼんぼん」と言い、親にひな祭りの歌をうたってもらうことをせがんでおりました。バタバタな毎日ですが元気に過ごしております。

将来の夢、4歳10カ月

「客室乗務員とエルサとアリスとシンデレラ」

上の子の将来なりたいものを問うと、すらすらと答えます。いままではディズニープリンセスのみでしたが、ちょっと現実的な「客室乗務員」がつくようになりました。鈴木のりたけさんのしごとばという本の影響です。

この絵本では、花火師、水産加工員、和菓子職人といった仕事をする人々の「しごとば」の様子と、日々の仕事内容を紹介してくれます。ケチャップマンで大好きな鈴木のりたけさんの作です。絵の中にもスーパーマンが空を飛んでいるのを発見したり、和菓子職人のページに客室乗務員がいることを発見したりと中身だけでない楽しみもあります。下の子は特殊メイクアップアーティストが気になるご様子。ゴリラの被り物を見て、体をドンドン叩く真似をします。

そういえば上の子に、下の子ちゃんが将来なりたいものは何だろうと聴くと「アンパンマンだよー」と答えます。夢に溢れる四歳です。

1歳7ヶ月のコミュニケーション

「せなかはどこ?」「ここー」
「あたまはどこ?」「ここー」
「どうぶつの本はどれ?」「ここー」

上の子が下の子に単語を言っては当てさせています。親よりも教育熱心です。そして高い確率で当てている様子に驚かされました。そう言えば、最近「パン」や「サイ」など、発言できる単語も増えてきました。大好きなアンパンマンは、「パンパン」あるいは「パンマン」、「ドキンちゃん」は「ちゃん」です。

親の言っている意味もわかってきているようで、何か物をママのところに持って行ってとお願いすると、テケテケと懸命に走りながら持って行ってくれます。 その応用編で、言葉のキャッチボールもできるようになりました。

「ピーポー」(窓の外を指差しながら)
「ピーポーいた?」
「うー」(全身で前に傾き、うなずきながら)

さて先ほど、私のワイシャツを指差しながら、「パパー」と言い、「ちゅっ」と言いながらワイシャツにほっぺを当てる動作をしていました。横にいる父親は、目が点になりながらも、可愛さのあまりに悶絶の境地に立たされました。

そんな日曜日の朝。今日も良い1日になりそうです。

愛について歌う子を見る父親の思考(世界史の針が巻き戻るとき/ヒューマンコンピュテーションとクラウドソーシング)

「ときめきは愛の原石ー♪」

我が子がノリノリで歌を歌っております。子供が、ときめき、だとか、愛だとかいうと父親の頭は防御反応のように思考が回り始めます。「ときめき?」なるほど愛の原石かもしれん、これは人のもちうる価値観の一つなのだ、と。読んだばかりのマルクス・ガブリエルの「世界史の針が巻き戻るとき」の影響です。

しかし、、こういう価値観を感じることは大事なことなのだ。父親は自分に言い聞かせます。父親が最近学んだ考え方にヒューマンコンピュテーションというものがありました。この考え方では、人がコンピューターに与えられた仕事を対して、結果を返す存在として位置付けて、正しく処理を進める方法を議論します。コンピューターが与えられた仕事を達成するために、人をシステムの内部に組み込んでいると言えます。

コンピューター自体、何か入力があり、それに対して結果の出力があるものが組み合わさってできています。その出力は入力に対して決まっています。AIと呼ばれるもののやファジーとよばれるものであったりするものなどは、その限りではありません。

そんなコンピューターができることは限られています。人間が判断したり、作業したりすることで人は仕事を完成させます。この観点でコンピューターは道具です。ヒューマンコンピュテーションというのは人もシステムの内部として考えます。

見方を変えれば、UBERからみたら、ランチボックスを配達する人はシステムの一部です。コンピューター自身、いまは配達をできません。でもコンピューターが指示をし、人が仕事をこなして、結果をコンピューターに返します。人とコンピューターの適材適所の役割分担とも言えます。

さて冒マルクス・ガブリエルが語るには、このような考え方がでてくる時代に人に大事になるのが基本的に備える価値観であり、倫理学ということになりそうです。かつイメージに騙されず、対話を通して真実を見つめていくことです。

と、長く、蛇行する思考となりましたが、娘が「ときめき」とか「愛」について振り付きで歌うことは大切なことだと、それは人の基本的な価値観であり、それ以外の何物でもない、、今は、と理由をつけて心に収める父親です。

一歳七か月のおままごと

「どぞー」

一歳七か月の下の子がおままごとを楽しんでおります。おもちゃのまな板をお盆代わりにして、コップを乗せて父親に勧めてくれたのです。口の周りに、夕飯にモリモリ食べてくれた麻婆豆腐の豆腐をいっぱいくっつけております。大変楽しそうです。

子供とは凄いもので、もうこの齢でおままごとを楽しんでいます。小さなアイロン台の上にお茶セットを並べたり、お料理したり。先ほども私がフライパンで挽肉をほぐしながら炒めていると、横でおもちゃのお鍋に、これまたおもちゃの卵を入れて、フライパンを振っている真似をしておりました。

さて勧めていただいたコップでお茶を飲んだ真似をして、「ごちそう様」と返すと、お盆にのせてみて、そのまま落としてキャッキャと笑っていました。違う遊びに移行した模様です。その横で上の子は「ファントミ的にあり!」。なんか違う世界に行っちゃったみたいです。

4歳児のコンピューター入門

「これはなに?」

百聞は一見にしかず。子供にとってパソコンとかスマートフォンが「魔法の箱」となる前に、中身を見せてはどうだろうと、RasberyPi(通称、ラズパイ)という小さなコンピューターを触らせてみせました。

思えば私自身、大学生の時にコンピューター通論という授業で仕組みを勉強したものの、身に付いたのは研究室で先輩に連れられて秋葉原でパーツを買い、研究室のパソコンを繰り返し組み立てたことです。現代は高価なパーツを揃えなくても、安くてちっこい道具があります。それがラズパイです。

まずは見せるところから!ということで三段階で進めています。父親として目指しているところは不明です。

コンピュータの中身

まずはムキだし感抜群のラズパイ君の各部品が、どのような働きをするか自分の体にあわせて紹介します。「これは考えるところ」「お耳とか目みたいに見たり聞いたりするところ」「お口みたいに音を出するところ」という具合です。1日目はこれで終了しました。引き続き不足しているパーツを揃えます。何度も、何度もこれは何?と父親を困らせていました。ラズパイ君は、おままごとのお皿の上に置かれました。

f:id:lkougi:20200531224239j:plain

パパのパソコンはこうなっている

次にディスプレイ、キーボード、マウスに繋げてあげました。気分はパソコンをやっているみたいです。一生懸命にラズパイ君のお名前を考えていました。電子パーツむき出しのラズパイに、リカちゃん的な名前が列挙される様には新鮮な感動を覚えました。ラズパイ君は、やっぱりおままごとのお皿の上です。

f:id:lkougi:20200531224634j:plain

タブレットを体感

第三段階にタッチパネルをつないで、スマホだよと触らせてあげました。我が家はスマホを子供に触らせておりません。ラズパイでスマホ体験です。ブラウザでアンパンマンの公式サイトを表示させると、下の子も喜びのあまりにタッチパネルをバシバシと叩いていました。おままごとのお皿は、ラズパイ君の安住の地になりました。

f:id:lkougi:20200531224841j:plain

興味は持っているのかはわかりません。訳のわからない説明を父親が始めると、遊びに行ってしまいます。ちなみに次に何をやりたいと聴くと「おしゃべりしたい!」とのことです。