SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん。将来の子供に残す日々の出来事。

さがしっこ絵本で覚えることば

絵本の絵や写真の中で、指定されたものを探す「さがしっこ絵本」。長女がはまっておりました。親子で探す雰囲気が楽しいようです。

むかしウォーリーを探せには幼き私もはまりましたが、こどもが持ってきたのはミッケシリーズ。一番最初に読んだのは「チャレンジ ミッケ!」シリーズのおもちゃばことサンタクロース。それぞれの写真の中から指定されったモノを探します。外出した時に、これらの絵本で探していたものを見つけて、「ミッケ!」にあったねという話にもなったりします。

チャレンジ ミッケ! 1 おもちゃばこチャレンジミッケ! 4 サンタクロース

直近で楽しんでいるのが「さがしえ12つき」です。お雑煮やおひな様といった日本の風物詩を探します。歌で知っていたひな祭りの「ぼんぼり」が何かは、ようやく認識したようです。

さがしえ12つき (コドモエ[kodomoe]のえほん)

ただこの絵本達、眠くなり飽きると探し物を親に転嫁し、探さないようになったりします。時間もかかるので就寝前には注意が必要ではあります。