SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

魔法使いは人間か、4歳児と楽しむ三段論法

ママ:「そんなことを言うと夢に閻魔様が出てくるよ!」
上の子:「ママの夢にも魔女が出るよ!」
ママ:「ママは魔女怖くないから!」
上の子:「魔女は妖怪だから怖いんだよ!」

上の子が食事中に椅子の上に足をあげたため、母親が注意したところ上のようなやりとりとなりました。子供のケンカのような感じです。4歳、口も達者になったものです。折角なので子供と三段論法を試すことにしました。a=b、b=cならばa=cというやつです。何が折角なのか、面倒な父親です。

父親:「魔女は魔法使いの女の人だよね。魔法使いは人間?」
上の子:「ちがう」
父親:「ハリーポッターは人間?」
上の子:「そうだよ」
父親:「ハリーポッターは魔法使い?」
上の子:「そう」
父親:「じゃ、ハリーポッタが人間なら、魔法使いも人間?」
上の子:「え、ちがう・・」
上の子:「じゃ、ハリーポッターも人間じゃない」

本当は魔法使い、魔女も人間に導きたかったのですが、うまくいかないものです。でも問いかけに考えながら答えてくれました。そこで登場人物を変えてみました。

父親:「マジマジョピュアーズの女の子は人間?」
上の子:「そうだよー」
父親:「女の子たちは魔法を使うんだよね。マジマジョっていうぐらいだし」
上の子:「そうだね、マジマジョって魔女!?」
父親:「じゃ魔法使いは人間?」
上の子:「そう・・」

魔法使い(魔女)=人間の誘導に成功しました。ハリーポッターよりもマジマジョピアーズの女の子の方が人間として確信度が上でした。テレビを見たことないので、リアルなものを見たことはないはずなのですが。

父親:「ちなみに、シンデレラに出てくる魔女も人間?」
上の子:「そうだねー」
上の子:「あ、でも、白雪姫に出てくる魔女は人間じゃないね」
父親:「そうだね。。魔法使いは人間もいるけど、人間じゃない人もいるね。」

どうやら三段論法を詭弁と論破する方法も身につけたようです。