SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

一歳の誕生日

「ふーってしていい?」

もうすぐ下の子が一歳の誕生日を迎えます。誕生日が平日なので、少し早いですが土曜日にお祝いをしました。家族ダウン気味のため家族のみで。

子供のころの自分の誕生日と、自分の子供の誕生日とは全く異なる気持ちです。一年前の出産から育休の日々から一年が経とうとしている、この早いような遥か彼方の過去のような不思議な気分を味わいます。確実に子供は大きくなってくれていて、ありがたいことに成長してくれています。ズッシリと重いです。保育園や家で四歩ほど歩いたと噂です。

お誕生日は何でお祝いしようか、ケーキは食べられないし、ということで冷蔵庫にあった食材で、食べられるメニューとケーキを考えてみました。

  • ハンバーグ
    (玉ねぎを切らしていたため、舞茸と白菜をみじん切りにして炒めて豚ミンチとあわせて作る、野菜も食べさせられて一石二鳥!)
  • 小松菜の炒め
  • ポテト
    (皮付きジャガイモをトーストで焼いたもの)
  • コーンスープ
    (クリームタイプのスイートコーンをミルクでといてスープに)

    f:id:lkougi:20191026190306j:plain

    下の子用

下の子も上の子もよく食べてくれました。上の子は、得意としない小松菜とポテトを凄い勢いで食べて、残したハンバーグとコーンスープを「これが自慢なんだよなー」といいながら大事に食べていました。大人向けには、ハンバーグの肉汁と濃口しょうゆとマスタードでソースを作り、ダウン気味の奥様も食べてくれました。

食後には、ホットケーキに生クリームを塗った誕生日ケーキです。スポンジケーキを作っても大量の砂糖を与えるのは気が引けるとすると、ホットケーキがいけるかなという選択。上の子は生クリームの準備を手伝ってくれました。というよりもずっと味見をしていました。

さぁそんなケーキに一本のローソクを立てて、火をつけて、歌を歌いフーーーーっと、、消すことは一歳児にはできないので、上の子がお約束通りに吹き消していました。