SE父さんの事件簿

0歳児と3歳児を育てるサンドイッチ世代のインフラ系システムエンジニアのお父さん

絵本「そっといいこと おしえてあげる」で優しさを身につける

一緒にうまれた友達は道端でがんばっているタンポポかもしれない。

絵本「そっといいこと おしえてあげる」は読者がうまれたと同じ時にうまれた、地球上にいる友達の存在があることを教えてくれます。もしかしたらキリンかもしれないし、カバかもしれないし、タンポポかもしれないといった具合です。そしてその友達は待っていて、会えればよいことがあるよと教えてくれます。もしかしたら友達かも、と想像力を働かせられるように、周りに優しくなれるような気がします。

長女は出てきた友達が全員が描かれている最後のページが好きなようです。絵も内容も優しい一冊です。