SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

1歳3か月の言葉

1歳3か月の下の子が話す言葉が増えてきました。「パパ」「ママ」、そして上の子を「ねーね」と呼びます。上の子も嬉しそうです。今日お散歩していたら「わんわん」「にゃんにゃん」「ぽっぽ(鳩のことらしい)」と発言していました。その他は「あー」とか識別できない言葉です。

凄いなと思うのが、うんちが出た後です。オムツを指さしながら「デアー(出た?)」と発生します。親が匂いで気づくより前に教えてくれるようになりました。漏らす確率が下がるのでありがたい話です。

両親の言う言葉もわかってきているようで、「これをねーねに、どうぞして」と話しかけると上の子のところまでモノを運んでいきます。持っているものを無理やり取ろうとすると守ろうとムキになりますが、「どうぞして」というと渡してくれます。

分かるようになってきたからか、本を読んでもらうことも嬉しいようです。読んでほしい本を自分で持ってきます。今は、「しましまぐるぐる」、「いないいないばぁ あそび」、「だあれかな」、「がたんごとんざぶんざぶん」が好きなようです。体をゆらしたり、ばぁと言ったりしながら聴いています。