SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

パパ、久しぶりに家を3日間不在にする

「ぱーぱーー、おーはーよーー」

久しぶりに三日間、家を不在にして金沢に行って参りました。会社の業務出張ではなく、これもまた数年ぶりに学会の国際会議での発表です。業務の傍らグループで研究活動を続けさせてもらっており、その成果発表に赴きました。金沢では、学会最終日の三日目となってしまった発表の直前まで資料を作成し、解析データの確認に追われる、旅を満喫する余裕のない日程となってしまいました。

余裕のないのは家族も同じでした。奥様は、保育園に子供たちを送るために早い始業に30分単位の有給をとり、朝と夕方の短時間勤務で仕事を貯めながら頑張ってくれました。ぐちゃぐちゃ、、(家事でこなせる)業務量に凹む、、と嘆きながらも家の秩序も守ってくれていました。そして上の子は、数週間前に説明した時に「いやー」と泣いていましたが、3日間、ごねることは少なく、いい子にして待っていてくれていました。1歳0ヶ月の下の子は、特にわかっておらず、いつもの通りの日常です。パパに合わないなぐらいでしょうか。

さて発表を終えて家に帰ると、子供達が駆け寄って飛びついてくれました。そして家のカメラには、上の子が金沢に届くようにと大きな声で「おはよー」と叫んでいる姿が残っておりました。

出張耐性が無いと、3日でもこのような感じです。出張が多く、長い家庭はそれだけでも尊敬です。一方で学会での議論を通して、日々のエンジニアとしての業務以外の出会いと発見もあったことは確かです。さてさて、これからも楽しみです。