SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

4歳、アップルパイを作る

親「アップルパイ、つくる?」
子「つくる!」

会社で小ぶりのリンゴを10個いただきました。中には葉っぱもついているものもあり、子供も驚きの目で見ておりました。さて子供がよく食べる今の時期のフルーツは柿。リンゴはそんなに多く食べません。そこで、冷凍庫に長らく保管されていたパイ生地があったので、アップルパイを作ることにしました。参考にしたサイトはこちらです。

oceans-nadia.com甘さ控えめ謳っているのがよし、ブランデーなどを使わないレシピなのがよし、ということでの採用です。ただ砂糖は家で使用している素精糖で、丸い型ではなくシートの形をそのまま使う、簡単な作り方としました。

基本的にリンゴを煮詰めるのも、パイシートにリンゴを並べたり、生地を重ねたり、線を入れるのも4歳児にやってもらいました。煮詰めたリンゴの味見も。とはいえ手厚い父親のリードのもとです。できあがりは少し焦げましたが上々、子供も喜んで食しておりました。

全工程一時間弱、ただ作り始めが遅かったため、午後五時前の完成。たっぷり食べたため、六時を過ぎてもお腹がすきません。夕食が悩ましい、しかしアップルパイを食べずに寝ていた下の子は空腹で泣いている。そんな今です。

f:id:lkougi:20191117164631j:plain

シンプルなアップルパイ

子供とは、食べながら過去のアップルパイの出てくる絵本を思い出していました。「わけありリンゴのアップルパイ」そして「ワニくんのアップルパイ」、この二冊です。