SE父さんの事件簿

0歳児と3歳児を育てるサンドイッチ世代のインフラ系システムエンジニアのお父さん

旅に出ると困ること、外食での駄々っ子

小さい子供たちを連れて夕食をどうするか。旅行に出るとなると頭の痛い問題です。

旅に出るとお昼寝がなかなかできません。楽しすぎてなのか寝ない宣言を子供がすぐぐらいです。まわりがにぎやかで赤ちゃんも寝ません。そうすると夜には赤ちゃんも三歳児もご機嫌を損ねやすくなります。赤ちゃんは泣き、遊び疲れた上の子は駄々っ子と化します。むしろ泣いている赤ちゃんを奥様がだっこしようとすると、上の子が奥様にだっこをせがんで泣くという修羅場がお店の中で繰り広げられます。

夕食は食べなければいけません。そしてせっかくだから地のモノが食べたいという親の欲求もあります。というか場所によってはそういう個人店しかありません。今回もそういう場所でした。小さい子供がいるとそんなものかとも思えばそうなのですが、お店や他のお客さんのことを思うとキーキーキャーキャーしているのが心苦しいです。

とはいえ自分の子供時代はどうだったのか。弟や従兄弟達とキーキーキャーキャー遊んでいた記憶しかありません。今回は店の親父さんが優しい方でしたが今後も悩ましい課題です。日常の工夫ですが「早い時間に食べる」というのがなによりかなと考えつつ、今後の旅に活かしていきたいと思います。