SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

3歳児から0歳児への読み聞かせ、絵本「もこもこもこ」

「ぶぅーー」

三歳の上の子が平仮名、と少しのカタカナを読めるようになっています。この子が、まだ「うー」とかしか話せない頃に沢山読んでいたのが絵本「もこもこもこ」です。楽しそうにしていたので何回も読んでいました。詩人 谷川俊太郎さんに選ばれた抜かれた言葉の音、ダイナミックに動く絵の感じが楽しいのでしょう。「もこ」「もこもこもこ」「モグモグモグ」など読み手も力が入れられて楽しいです。体力を使うとも言います。

話は戻りまして我が三歳児、再び同じ本に出合っています。そしてたどたどしく赤ちゃんに読み聞かせておりました。「ぷぅ」は「ぶぅ」になっていたりもしましたが、赤ちゃんも興味津々に絵本と、上の子の感情が込もった動きに目が離せない模様でした。

その後、二人は手を繋いで寝ていました。