SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

絵本「きょうふのおばけにんじん」が刺激する想像力

私は小さい頃にサラダが好きで、ピーターラビットみたいだと親に言われたことがありました。 褒められたと勘違いして、さらにサラダを食べていた気がします。事実、褒め言葉だったのかどうだったのか、定かではありません。

さてウサギが人参を好きだというのは、世の定理のようです。絵本「きょうふのおばけにんじん」でも子ウサギのジャスパー君は人参が大好きです。そんな特定の畑の人参を好むジャスパー君に、人参のおばけがつきまといます。その結果から、最初読む時はジャスパー君の気持ちで、次に読む時は人参の気持ちで読むこともできます。相対する登場人物のそれぞれに気持ちに思いを寄せることで、想像力が湧きそうな本です。

ところで野菜を食べた我が子にもピーターラビットみたいと言ってみましたが、よくわかっていなかったようです。ジャスパー君というと人参に怯えそうで、それはやめておこうと思います。