SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

家族が不在な日々の過ごし方

ただいま奥様と子供たちが、育休期間を活用して、奥様の実家へ1週間ほど帰郷しております。なんとも静寂な我が家です。その間に家の掃除、親の介護のこと、やりきれていない仕事や勉強をこなそうと、とりあえずテレビをつける私です。

家族がいないと力が抜けるのが料理です。それまでに考えていていた栄養バランスも自分だけとなると大変質素なものとなります。その結果として、鋭意、わかめ蕎麦を作り出します。家族がいるということがくれる力を感じます。

今回、そのような私の行動を見透かしている奥様が、2つの策を施して旅立ちました。まず晩御飯を多めに作っていて、それを残してくれています。前半はそれを食すことになりそうです。次に多くの野菜も残してくれています。腐らせないようにと考えると自然にバランスがとれます。野菜庫の一番上に鎮座している茄子は、すぐにでも食べてあげなければいけなさそうです。隠されていた白菜も発掘です。ここのところ私も平日を忙しくしていたことを思い出されます。

さて奥様と子供たちは動物園にいくのかな、、と想像しながらテレビを消して、今週のブログのネタを思い出しながら、まずは家の掃除を始めようと思います。