SE父さんの事件簿

1歳児と4歳児を育てるシステムエンジニアのお父さん

お姉ちゃんのこころを知る、絵本「ちょっとだけ」

長女が満足に赤ちゃんと遊んでくれるには、抱っこしてもらったりと欲求が満たされるていることが条件です。

同じことが絵本「ちょっとだけ」で描かれていました。赤ちゃんが家に来た時、お姉ちゃんはお母さんに構ってほしいことを我慢して、じぶんでできるように"ちょっとだけ" 、お母さんのスカートの裾をつかんだり、自分でミルクを組んだりします。共感することがあるのか、ただいまのお気に入りの一冊のようです。

この本の主人公は、最後にお母さんにいっぱい抱っこしてもらいます。その様子をみた我が子も抱っこをしてほしくなるご様子です。奥様は朝の登園前に読んであげてしまい、抱っこしながらベビーカーを押すことになったと耳打ちしてくれました。