SE父さんの事件簿

0歳児と3歳児を育てるサンドイッチ世代のインフラ系システムエンジニアのお父さん

保育園の発表会で使い果たす体力

保育園の発表会、それは子供の動きにハラハラし、成長に感動することにより、親が持てる全ての体力を使い果たす、楽しみでならない保育園のイベントです。

そんな体力消耗系一大イベント「クリスマス発表会」が本日開催されました。我が家はカメラを三台用意し、私が動画、奥様がコンデジで写真、我が弟が一眼でベストショットを狙います。本来祖父が担う役を担ってくれる我が弟には感謝しかありません。さすがに3回目、段取りは十分です。

さて待ちに待った発表会がはじまります。こどもたちの「はじまりのことば」、0歳児クラスの発表、1歳児クラスの発表、日々送り迎えで顔を見るお友達の成長、既に胸が熱くなります。そして自分の子のクラスの発表、めくるめくる劇と子供の姿に強く握られる我がこぶし。横には赤ちゃんを抱きながら感動している奥様。

こうして両親は今年も体力を使い果たし、途中子供がフレームアウトした動画と写真の撮られていないコンデジが残りました。我が弟は流石のベストショット。本当に有難い限りです。

さて来年は下の子も発表会があるのかと思うと、体力向上に努める必要性をひしひしと感じつつ、動画を再生して涙を流しております。